看護師 業務

看護師の業務内容と技術ナビ

内科の看護師の業務内容

 内科というのは、その名の通り内臓に関する疾患を全般的に扱う科で、とても広い範囲をカバーしています。ですから、そこで働く看護師には多くの物事に関心を持って、医療の展開の仕方や流れを理解する力が求められます。また、病院によっては、消化器科・循環器科・呼吸器科・心療科・神経科などに特化しているところもあります。そのような病院では、より専門的な知識が必要です。


 患者さんは慢性期や回復期、終末期など色々な状態で、内科の仕事に関する知識や技術以外にも、その場その場で臨機応変な対応を要求されるのが特徴です。主な業務内容としては、まず問診の際にしっかりと患者さんの話を聞き、症状を正確に医師に伝えることが挙げられます。


 また、病棟看護師の場合には患者さんの身の回りの環境を整えたり、身体介助を行うこともあります。さらには注射・点滴・採血・医療機器の操作・他の医療スタッフとの連携、看護記録の記入などの事務的な仕事、患者さんへの薬の効果や副作用の説明、そして場合によっては人工透析や在宅医療に関わることもあります。

産婦人科の看護師の業務内容

 産婦人科で働く看護師はたくさんいます。命の誕生の瞬間に立ち会えると言うことはとてもすばらしいことです。産婦人科で働く看護師の業務内容はさまざまです。それは血液検査であったり尿検査の指示を行ったり、このほかには手術の介助や薬の指導を行ったり、新生児のおむつ交換を行ったりなどたくさんあります。このように仕事内容がたくさんあるので、勤務する病院によってその内容が変わってくることがあります。


 また産婦人科の看護師の勤務体系もさまざまです。産婦人科で働く際には、入院患者さんがいる場合には定期的に観察をしなければいけません。これは何か異常があったときにすぐに発見をするためです。日勤の業務内容は外来患者さんへの対応です。医師から指示されたように採血を行ったり処置を手伝うと言うことを行います。入院患者さんの体調管理を行ったり、赤ちゃんの面倒を見たりします。夜勤の業務内容は新生児を見たり入院患者さんの体調管理が主となります。

眼科で働く看護師の業務内容と勤務体制について

 看護師を必要とする医療施設は多種多彩にあります。看護師不足が叫ばれていますが、勤務体制が厳しいために、自分の体力が持たないと辞めていく人や、看護師同士の仲が悪くて、職場の雰囲気が辛くて辞めたというケースもよくあります。しかし、職場を変えることは可能です。自分の生活スタイルに合わせて働く環境を帰ることが出来ます。体力的にきついようなら、勤務時間が比較的短い診療科目を選ぶことも有効です。


 眼科は残業が少ないことがあげられます。また大きな病院ではなく、街のクリニックなどを選べば、週休2日のところや曜日によっては半日などもあります。業務内容については、手術が出来るような大きな病院の眼科であれば外来患者も多くなります。洗眼、点眼、入院時のケアなど様々な仕事が要求されます。街のクリニックであれば業務内容もそれほどハードではないところが多いものです。また子育てや介護などをしている人には看護師もパートを選択することが出来るところが増えているので、働くスタイルも色々選択しやすくなっています。