看護師 皮膚科 業務内容

看護師の業務内容と技術ナビ

皮膚科の看護師の業務内容とは

 皮膚科の分野で働く看護師の中には、外来勤務以外にも病棟勤務を行うケースもあります。その中でも地元の皮膚科のクリニックであれば外来専門の場合が多いので、その業務内容としては診察室での処置や検査業務などが中心になります。特に皮膚疾患の治療の場合には消毒をしたり包帯を巻くなどの処置が多いために、医療現場では看護師はとても重要な役割を果たしているのです。


 また血液検査を行う患者も多いために、診察室内で看護師が患者の採血を行うケースも多いのです。また外来であれば通院している患者への案内業務も多く、特に順番の確認や診察前の症状の確認などの業務も行っています。そしてやけどなどの重度な患者の治療の場合には入院する場合もあるので、病院内では皮膚科で治療を受ける患者向けの病棟もあります。そして入院患者向けの業務内容としては、包帯の交換のような処置以外にも、必要に応じて点滴の交換などのそれぞれの患者に合わせた対応も行っています。