看護師 脳神経外科 業務内容

看護師の業務内容と技術ナビ

脳神経外科の看護師の業務内容

 たくさんある診療科の中に脳神経外科があります。ここでは主に脳出血や脳腫瘍や脳梗塞など頭頂部の外科的疾患を主に取り扱っています。したがってとても気を遣うところでもあります。脳神経外科は主に脳の中でも脳血管疾患の急性の時期のケアを行っています。したがって入院期間がとても長く、患者さんの年齢も70歳以上と高齢になっています。


 ここに来る患者さんは意識レベルが低下していたり言葉による会話が難しいことが多いです。したがって脳神経外科で働く看護師は積極的に患者さんとコミュニケーションを取る必要があります。このほかに脳神経外科での業務内容で大切なことは迅速さです。患者さんに対する少しの対応の遅れが命に関わってきます。したがって眼球運動の変化や麻痺の有無などについて早く異常に気がつくことが重要になってきます。


 つまりここで働く看護師に求められるものは患者さんとの意思疎通を図ることができる意思疎通をはかる能力と、患者さんの状態をしっかりと判断できる洞察力が求められます。